家賃と立地の良さのバランスを見極めよう!

家賃が安い物件はどのような立地にあるかをチェックしよう

賃貸物件選びをする際、大きなポイントの1つが家賃です。可能な限り家賃が安い物件を選びたいと考える方は多いでしょう。ただし、家賃が安い物件は、立地に関してあまり人気のない条件になっている場合が多いので、欠かさずチェックしましょう。よくあるパターンは、「駅から遠い」が挙げられます。最寄り駅からの距離が近い、いわゆる「駅チカ物件」は人気物件の1つです。最寄り駅に短時間でアクセスできるため、通勤などで駅を利用する人を中心に非常に人気があります。反対に、駅からの距離が遠いと、賃貸物件の家賃は安くなる傾向にあります。

また、大通りから離れていたり、周辺にスーパーや飲食店などの店舗が少なかったり、生活に必要な施設が少なかったり、利便性があまり高くない立地も一般的に家賃は安めです。

家賃と立地のバランスを考えよう

家賃がいくら安くても、立地があまりにも悪ければ、生活していく上では非常に不便です。かと言って、立地を重視し過ぎれば、家賃は際限なく上がっていきます。そこで、家賃と立地のバランスを考えながら賃貸物件を選ぶことがポイントです。自分の中で希望の家賃のラインを決め、そのラインに入ってくる賃貸物件の立地をじっくりリサーチしましょう。安くてできるだけ立地が良い物件があれば最高です。

ただし、家賃の安さを優先したい場合は、ある程度立地が良くないことは妥協しなければならないでしょう。もし、希望した家賃のラインで、満足できる立地の物件がなければ、少し家賃のラインを引き上げ、新たに候補に入ってきた物件の立地をチェックしていきます。このように、家賃と立地、どちらも確認しながら、納得できるバランスを見出していきましょう。