礼金は必ず払わなければならない?

礼金とはどんな費用なのか?

引越しの際にかかる初期費用の中で「礼金」という費用があります。これはその昔、部屋を貸してもらうことにたいし、大家さんにお礼金を渡していた風習の名残です。敷金とともに、初期費用の中ではポピュラーな費用とされており、賃貸物件の情報を見ると、基本的な情報として金額が明示されていることがほとんどです。

特徴としては、敷金が退室時の修繕・原状復帰などの状況により、返金される可能性があることに対し、礼金は返金されません。相場は大体家賃の1~2ヶ月ほどです。引越しの際は、物件契約の初期費用だけで数十万円かかります。小さな金額ではない上、払った後は返ってこないお金なので、できれば支払いたくないと考える方も多いでしょう。

礼金は必ず支払わなければならないのか?

賃貸物件の情報に礼金の金額の記載がある場合は、基本的に支払う必要があるでしょう。ただし、初期費用が下げられないか交渉する際、礼金は大家さんのさじ加減によるところが大きいため、金額を下げたり、あるいはカットしてもらえたりする場合があります。また、なかなか借主が決まらない賃貸物件は、契約しやすくするために礼金を下げたりカットしてくれたりする可能性があります。不動産業者に、礼金の価格交渉が可能か尋ねてみると良いでしょう。

近年は、礼金の文化自体が薄れてきていて、敷金と合わせて礼金が不要の、いわゆる「敷金・礼金ゼロ物件」も豊富です。礼金を払いたくない場合は、あまり人気のなさそうな物件や、礼金が不要な物件が狙い目です。