鍵交換費用やクリーニング代がかかる場合もある!

賃貸に住むには様々な契約やルールがある!

賃貸物件に一度は住んだことがある人は多いのではないのでしょうか。様々な条件からやっと見つけた物件にはやはり心地良く住みたいものですよね。一方で賃貸物件ならではの契約やルールがあることも知られています。入居時や退去時に様々な費用を請求されてもめることも多いといいます。例えば退去するにあたり次の住人に気持ちよく住んでもらうために、部屋のクリーニング代を請求されたり玄関の鍵の交換代として請求されるなどです。また入居時にこれらを請求されることもあります。払わなくていいものなら払いたくはないが、それでも払わなければならないのか疑問に思われる方も多いようです。どのような場合にこれらの代金を支払わなければならないのでしょうか。

入居時や退去時の費用とは?

そもそもなぜ鍵交換をしなければならないのかというと、新しい入居者が鍵をそのまま利用すると不法侵入や盗難などの被害にあう恐れがあるからといいます。鍵交換には業者に依頼することがほとんどであり、また防犯対策がとられている物件になればなるほどそれに対応した鍵を設置する必要があります。またこれらの費用は国土交通省の賃貸のガイドラインにより、鍵交換費用は借主が行うべきとあります。またクリーニング代はどうなのかというと煙草を室内で吸ったり入居時よりも汚れていた、またペット飼育が可能な物件では特に消毒やクリーニング代がかかる場合が多いようです。このように入居時や退去時に費用がかかることもあるので、事前に不動産会社などに相談してみることをおすすめします。